菊池桃子がエリート官僚と再婚!元旦那との離婚理由は?娘の障害を告白?

Pocket

今回は女優、歌手、タレントとして活躍する菊池桃子さんの旦那や息子について紹介します。

【菊池桃子】

  • 生年月日:1968年〈昭和43年〉5月4日
  • 出身:東京都品川区
  • 職業:女優、歌手、タレント、大学教員、ナレーター
  • 事務所:パーフィットプロダクション

引用:Wikipedia

菊池桃子さんは2019年11月に結婚を発表しましたが、一度離婚をしています。

まずは元旦那や離婚理由について紹介します。

菊池桃子の元旦那はプロゴルファー

菊池桃子さんの元旦那はプロゴルファーの西川哲さんです。

  • 名前:西川哲(にしかわ てつ)
  • 生年月日:1968年5月2日
  • 年齢:51歳
  • 出身地:東京
  • 血液型:A型
  • 趣味:音楽鑑賞

引用:https://syouwa-idol.xyz/?p=366

西川哲さんは12歳の頃にゴルフを始め、父親の指導の元19歳にプロとしてデビューしました。

菊池さんと西川さんが出会ったのは1993年です。

当時開催されたゴルフのプロアマ戦で一緒になったお二人は、その後も食事やゴルフで交流を深め交際に発展しました。

その後、1995年の5月1日に入籍となりました。

お二人の間には息子と娘がいます。

元旦那との離婚理由

菊池さんと西川さんの離婚理由として噂されいるのは金銭問題と育児問題です。

西川哲さんはプロゴルファーとして、賞金の最高額5000万円以上を稼いだこともあります。

しかし、2000年以降は成績が伸び悩み、最終的には6年間で80万円くらいしか稼げないほどだったそうです。

つまり、西川さんはほとんど妻に養ってもらっていた状態。それにも関わらず夜遊びは酷くなる一方だったみたいで菊池さんも呆れていたとのこと。

さらに子育てにもあまり積極的ではなかったと噂されています。

菊池桃子の現在の旦那

菊池桃子さんが2019年11月4日に結婚を発表した再婚の相手は新原浩朗局長です。

  • 名前:新原浩朗
  • 出身:福岡県
  • 年齢:60歳(2019年時点)
  • 出身大学:東京大学 経済学部
  • 職業:内閣政策統括官(経済財政運営担当)、早稲田大学客員教授

引用:https://bert-bert.com/hero_heroine/6068/

菊池さんと新原さんが出会ったのは安倍政権によって行われた一億総活躍国民会議です。

15年10月、菊池桃子が「一億総活躍国民会議」の民間議員として首相官邸を訪れた際、新原浩朗氏は付き従うように背後を歩いていた

菊池さんは民間議員として参加していました。

菊池さんのお父さんの後押しもあり、お二人は交際を経て結婚することになります。

菊池桃子の旦那がパワハラ?!

実は新原浩朗さんは仕事で部下に厳しいと噂されています。

『新原(にいはら)さんは『仕事が出来すぎて嫌われる』タイプ。非常に優秀で、何でも自分で出来てしまう。それと同じ働きを部下にも求めるので、省内では敬遠されています。部下が異なる意見を言おうものなら、胸ぐらを摑んで壁ドンをすることもあり、『パワハラ』ならぬ『ニイハラ』として有名です(苦笑)。そんな評判なので、菊池桃子さんは大丈夫かと心配する声もあります」(経産省中堅官僚)

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/77149

優秀すぎるために部下に求めるものもレベルが高いとのこと。

新原さんの部下はかなり鍛えられそうですね!

菊池桃子が娘の障害を告白

菊池桃子さんは元旦那の西川哲さんとの間に息子さんと娘さんがいます。

1996年に息子さん、2001年に娘さんを出産しています。

そして、菊池さんはテレビ番組に出演した時に娘さんには障害があることを告白しています。

原因は幼い頃の脳梗塞です。

菊池さんの娘さんはリハビリの結果、歩けるくらいには回復しましたが小学生の頃に周りのみんなとの差を感じてストレスで体調を崩すことも多かったようです。

そのようなこともあったので、娘さんを特別支援学校に通わせるようになりました。

娘さんは障害のために、中学校の受験も苦労されたようです。

そのため母親である菊池さんは、少しでも障害を持つ人たちが生活しやすい社会を実現するために大学で勉強をします。

現在は「キャリア権推進ネットワーク」の理事を務めています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)