山田裕貴は妹と仲良し?母は天然で父は元プロ野球選手!

今回は俳優の山田裕貴さんについて、家族のことを調査しましたので紹介します。

まず簡単に山田裕貴さんについて紹介しましょう。

この投稿をInstagramで見る

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

山田裕貴さんは1990年9月18日に愛知県名古屋市に生まれました。

高校を卒業したタイミングでワタナベエンターテイメントカレッジに入り、芝居の勉強を始めます。

2011年に放送された戦隊物のテレビ番組「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優としてデビューします。

その後は数々のドラマや映画、テレビで活躍しています。

2020年には「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」において、男優部門でニューウェーブアワードを受賞しました。

また、山田裕貴さんは運動神経がとても良く、スポーツ全般が得意であることも有名です。

山田裕貴の父親は元プロ野球選手?!

山田裕貴さんのお父さんは元プロ委野球選手の山田和利選手です。

この投稿をInstagramで見る

有田優太(@king_kentoo)がシェアした投稿

山田和利さんは東邦高校の野球部として活躍。

1983年のドラフト会議で4位指名を受けて中日ドラゴンズに入団します。

1991年には広島東洋カープに移籍し、レギュラーに定着した1995年にはセリーグ2位に貢献しました。

1996年には中日ドラゴンズに復帰しますが、ケガが原因でその年に引退しました。

現在は広島東洋カープで2軍のコーチを務めているそうです。

選手時代の成績は合計366試合に出場し、合計119得点をあげています。

山田裕貴は父の影響でプロ野球選手を目指していた?!

プロ野球選手の父親を持つ山田裕貴さんは子供のころ、プロ野球選手になることが夢だったようです。

そのため、中学校では名古屋北シニアという強豪チームに所属していました。

この投稿をInstagramで見る

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

しかし、野球は中学校までで辞めてしまったようです。

プロを目指していたのに野球を諦めた理由は、チームメイトにリンゴを片手で握りつぶす子がいて自分では勝てないと思ったとのこと。

テレビ番組「行列のできる法律相談所」に出演した際に語っていました。

司会の東野幸治さんからは「技術関係ないやん!」とツッコミが入ったのですが、山田さんは圧倒的な力の差を見せつけられたと感じたそうですね。

確かに中学生でリンゴを片手で握りつぶす人はなかなかいませんから、自分にはできないと感じてしまうかもしれません。

山田裕貴が始球式

山田裕貴さんは2018年8月10日にナゴヤドームで行われた、中日ドラゴンズと東京ヤクルトスワローズの試合で始球式に登板しました。

いつか始球式で登板することが夢だったという山田裕貴さん。

お父さんと同じドラゴンズの背番号30番をつけて登板した始球式の後、インタビューのコメントでは気持ちを語っていました。

「野球をあきらめて俳優を目指してからの夢が、いつか始球式に登板することでした。今日は父が優勝した時に付けていた『30番』のユニフォームを着させていただいて、母も妹も、そして野球をやっていたころのチームメイトも見に来てくれました。親父の背中を追いかけていた頃を思い出しました」と語りつつ、思いがけず、涙が溢れることに。

引用:シネマカフェ https://www.cinemacafe.net/

山田裕貴の母親は天然?!

山田裕貴さんのお母さんですが、一般人のため画像などはありませんでした。

お父さんの山田和利さんとは高校生のころからお付き合いをしていたようです。

とても一途な方なんだと思います。

山田裕貴さんは過去にツイッターでお母さんとのやり取りをした内容をツイートしていました。

お母さんは少し天然なところがあるのかもしれませんね。

そんな山田裕貴さんのお母さんは息子の大ファンで、映画や舞台などの息子が出演した作品は欠かさずに観ているそうです。

さらに山田裕貴さんのセカンド写真集が発売された時は3冊購入したとのこと。

息子への愛が伝わりますね!

山田裕貴は妹と仲がいい!

山田裕貴さんの妹はテレビ番組「おしゃれイズム」で動画が公開されたことがあります。

動画は加工されていますが、小顔で整っていて美人であることがわかります。

山田裕貴さんは妹のことについて、たまにSNSで投稿するようでうす。

家に妹が泊まりに来ることもあるようですので、兄妹仲なとてもいいようですね。

また、妹から急に絵が送られてきたこともツイートしています。

とても深い意味が込められているようで才能を感じさせますね。

スポンサーリンク
Most Popular Post