磯村勇斗の兄はデザイナー!両親は芸能活動を反対していた?!

俳優の磯村勇斗さんには8歳年上の兄がいます。

お兄さんの名前は磯村拓也さん。

磯村拓也さんは伊豆を拠点として活動する芸術団体「スケラボ」に所属しデザイナーとして活動しています。

磯村拓也さんのTwitterでは、自身が手がけた映像作品が紹介されていました。

磯村勇斗の兄の年収は?

デザイナーとして活動している磯村勇斗さんのお兄さんの年収について調べてみました。

一般企業に務めるデザイナーの方の平均年収は450万ほどと言われています。

また、最近ではWEB関連の事業が増えたことでWEBデザイナーの平均年収が高くなっている傾向があり、平均年収550万ほどだそうです。

磯村勇斗さんのお兄さんのTwitterを見ると、プロフィールに「WEBも作っています」と記載があるので、普通のデザイナーよりも年収は高めなのではないでしょうか。

さらに、マネジメントができる人材は800万から1000万を稼いでいる方もいるとのこと。

そこからフリーランスになれば年収は2倍ほどになることもあるようです。

磯村勇斗さんのお兄さんはスケラボに所属していますが、それ以外にも業務委託で仕事を受けているのであれば年収は1000万を超えていても不思議ではありません。

少なくともウェブデザイナーの平均年収550万以上は稼いでいると考えて間違い無いでしょう。

磯村勇斗は兄と仲が良い

磯村勇斗さんは幼い頃から兄と仲が良いそうです。

なんでも、喧嘩はほとんどしたことがないとのこと。

兄と協力して両親にサプライズをしたり、お互いの家に遊びに行ったりすることも多いようです。

磯村勇斗の両親は芸能界入りを反対していた

中学生時代に映画の自主制作を行ったことで俳優業に興味を持った磯村勇斗さんですが、両親は当時、芸能界入りに猛反対していたそうです。

磯村勇斗さんは中学校卒業と同時に芸能活動を始めたかったそうなのですが、両親からどうしても進学して欲しいと説得されて高校へ進学することになります。

そして、高校卒業後も両親からは大学への進学を強く勧められ、芝居ができる桜美林大学へ進学しました。

しかし、大学へ進学せず劇団に所属したかった磯村勇斗さんは大学を2年半で中退することになります。

もちろん、両親は中退について猛反対していたそうです。

両親の反対を押し切って芸能界へ挑戦した磯村勇斗さんは、両親を安心させたい、喜ばせたいという気持ちで必死にもがきます。

アルバイトをしながらフリーの役者として劇団を転々とし、2014年にやっと芸能事務所に所属することができました。

2015年には「仮面ライダーゴースト」にも出演することができ、今では両親は芸能活動を応援してくれているそうです。

スポンサーリンク
Most Popular Post